登山バリエーションクライミング撮影

阿弥陀岳北陵冬期バリエーションルート


2017年03月03日

 

 
厳冬期、日中でも気温がマイナス10℃、風が吹けば風速1m辺り体感温度は1℃下がる環境の中で登る山は、夏にはない感情を抱かせてくれる。


澄み切った空気で晴れようものなら、空の青の美しさは何者よりも素晴らしい。ここは八ヶ岳、所謂「八ヶ岳ブルー」だ。


バリエーションルートは登山道の無いところを進んで行く。目的の北稜取り付きに向かってひたすら歩く。


手を付いていないと登れないようなところは念のためにロープを出す。まだコンテで登れる。コンテとは互いのハーネス同士をロープで繋げて登る方法。


四つん這いで雪と戯れ、前に前に進んで行く。冬の一歩は夏の10歩に相当するほど体力の消耗は激しい。


北陵最終ピッチのナイフリッジもどき。この頃はこれで大満足だった。冬山を制覇した気になっていた。


そして冬山の天気は変わりやすい。頂上へ立った時に景色が見えないと達成感が半減してしまう。だがこれも次の挑戦に向かう気合になってくれるから、面白い。

山岳写真撮影詳細 1.撮影料金 基本機材費 18,000円 日当制 1日辺り2万円(1名)   基本機材以外の機材費 ドローン空撮 3万円(ドローン・人員追加) 他保持機材費 相談
実費別途請求

滋賀から全国で山岳写真、登山写真の撮影。