石尊稜(八ヶ岳)


2017年05月10日

 

 
真冬の話しに戻ってしまうが八ヶ岳の石尊稜へ。
3度めのトライでクリアできた。


バリエーション、時間が読めないのでいつも夜明け前から歩きだす。この日も4時半から歩いて取り付きで夜明けを迎える段取りで出発。


取り付きにつく頃に明るくなってきた。ルートも見える。上部が雲で見えないのが気にかかった。


1ピッチ目、スラブで持ち手もなくかなり怖い。


どんどん曇ってくるが今日は晴れ予報、天気図も快方に向かう配置なのでそのまま進む。


ピッチを2つほどやっつければ気持ちの良いナイフリッジが続く。


いいな。長期休みが取れないので冬の八ヶ岳は本当にありがたい。


上部岸壁、の手前。高度感があり少しずつ恐怖を感じる。


無事ピークへ。後方腕をのばした先には阿弥陀岳の北陵が続く。ここまで6時間半かかった。あまちゃんだ。


下山は夕暮れ時。達成感がこみ上げる。

八ヶ岳もだいぶ登った。長野側の一般道は全てやって、阿弥陀南稜・北陵・中央稜、赤岳主稜、横岳小同心クラック、中山尾根。あと登ってないのは難易度があがるところばかり。まだまだ行けるレベルではないから、来年の冬が悩ましい。